東京ボウリング場協会とは?

日本に初めて商業施設のボウリング場が東京・青山に登場したのは昭和27年(1952年)、それ以降昭和40年代中盤の大ブームが到来するまで、東京・大阪等を中心に"都市型レジャースポーツ"として発展してきた経緯があります。

当協会は、障害者スポーツ・コミュニケーションとしてのボウリングの使命を果たすべく、現在では全国的な大会となっている障害者も参加する「宮様チャリティーボウリング大会」、新聞配達員の福利厚生のための新聞販売同業組合主催による「はやおきCUP」など、公益事業も率先して協力、実施しております。

「レジャー白書」でも見られるように、ボウリングは参加人口が多く、スポーツ部門で常に上位にランクされております。
未来に向けて、子供からお年寄りまで年齢を問わず、「愛され続けるスポーツ・ボウリング」となれるよう、東京ボウリング場協会は今後とも努力し続けてまいります。

関東ボウリング場協会

〒140-0004 東京都品川区南品川2-2-10 南品川Nビル3階

加盟会員数 98センター・2,956レーン

  1. 茨木(11C/302L)
  2. 栃木(7C/216L)
  3. 群馬(5C/168L)
  4. 埼玉(14C/396L)
  5. 千葉(6C/162L)
  6. 東京(23C/784L)
  7. 神奈川(21C/614L)
  8. 山梨(4C/96L)
  9. 長野 (7C/218L)

東京ボウリング場協会

〒140-0004 東京都品川区南品川2-2-10 南品川Nビル3階

加盟会員数 23センター・784レーン

  1. 城南地区(6C/226L)
  2. 城北地区(8C/272L)
  3. 城東地区(3C/92L)
  4. 多摩地区(6C/194L)

2021年4月現在

加盟ボウリングセンター